ブロックストレージの削除設定の変更

ブロックストレージの削除設定の変更

  • 仮想マシン の管理ページで、仮想マシンのリストを表示してください。

  • ブロックストレージの削除設定の変更をする場合、いくつか方法があります。
    1. 仮想マシンの上で右クリックする

    2. 管理ボタンから選択
  • Note
    仮想マシンが停止状態のときのみ設定変更が可能です。
  • ブロックストレージの削除設定 のダイアログが表示されますので、アタッチされているブロックストレージを仮想マシン破棄時に自動的に削除するかどうかを選択し、変更 をクリックしてください。



Note
ブロックストレージ削除の設定値のデフォルトは、仮想マシン作成時に自動作成されたブロックストレージ(ルートボリューム)の場合は する(true)、仮想マシンに後からアタッチしたブロックストレージの場合は しない(false) です。
注 意
仮想マシン破棄時にブロックストレージを残した場合は、ブロックストレージ分の料金が発生いたします。

© Rakuten Communications Corp.