追加したNICを有効化する(Windows Serverの場合)

追加したNICを有効化する(Windows Serverの場合)

Note
すべての仮想マシンには、デフォルトで1個のNICが割り当てられています。NICの追加/削除の機能を用いれば、2個目のNICを追加したり削除したりすることができます。
Note
NICを仮想マシンに追加しても、IPアドレスは自動的には設定されません。ご自身で、OS上で設定していただく必要があります。
以下では、追加したNICにIPアドレスを設定する方法の例を紹介します。
  • Windows Serverの仮想マシンにリモートデスクトップで接続してください。
    接続手順については、2-25. Windows Serverの仮想マシンにリモートデスクトップで接続する を参照してください。

  • 管理ツール の サーバーマネージャ を起動し、ネットワーク接続の表示 をクリックしてください。



  • ネットワーク接続 が表示されます。追加したNICに該当するネットワーク接続の上で右クリックするとポップアップメニューが表示されますので、プロパティ をクリックしてください。



  • インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4) を選択し、プロパティ をクリックしてください。



  • IPアドレスを自動的に取得する から 次のIPアドレスを使う に変更し、IPアドレス等を入力してください。入力が完了したら OK をクリックしてプロパティ画面を閉じてください。


    注 意
    設定するIPアドレスは基本的に任意ですが、1個目のNICに自動的に割り当てられるプライベートIPとは異なるセグメントでなければなりません。また、172.16.0.0/23 のIPアドレス (172.16.0.0-172.16.1.255) も利用しないでください。
    なお、設定したIPアドレスに対してインターネットからアクセスすることはできません。
  • 上記の設定が反映されたことを サーバーマネージャ で確認してください。


    注 意
    NICを追加したWindows Server 2008の仮想マシンのテンプレートを作成する場合は、追加したNICをあらかじめ削除しておくか、OS上で無効化しておく必要があります。2-10. テンプレートの作成 に記載されている注意事項を参照してください。

© Rakuten Communications Corp.