ロードバランサの作成

ロードバランサの作成

  • ロードバランサ の管理ページで、ロードバランサ作成 をクリックしてください。ロードバランサ作成ウィザード が開きます。



  • ウィザードは最初に ロードバランサ定義 ページに進みます。


    1. ロードバランサの名前を入力してください。
      Note
      ロードバランサの名前には、初期値として my-load-balancer があらかじめ入力されています。
    2. プライベートロードバランサとして作成したい場合は、 プライベートロードバランサを作成オプションを選択してください。
      Note
      プライベートロードバランサ(内部ロードバランサ)とは、仮想マシンのプライベートIPセグメントからのみ接続可能なロードバランサです。データベース等の内部ロードバランシングに利用できます。
    3. 複数の仮想マシンに振り分けたい通信のポートフォワーディング設定(プロトコル、ロードバランサポート、仮想マシンポートの組合せ)のリストを定義してください。
      具体的には、プロトコル、ロードバランサポート、仮想マシンポートを選択/入力し、追加 をクリックすると、それがポートフォワーディング設定のリストに追加されます。
      また、リスト上の 削除をクリックすると、ポートフォワーディング設定のリストから削除されます。
      1. アプリケーション
        プルダウンからアプリケーションを選択すると、そのアプリケーションに適したプロトコル、ロードバランサポート、仮想マシンポートの値が自動的に入力されます。ポート番号を独自に指定したい場合は、カスタム を選択してください。


      2. プロトコル
        プロトコルを選択してください。選択肢は以下です。
        1. TCP
        2. HTTP
        3. UDP
      3. ロードバランサポート
        ロードバランサが外部から通信を受け取るためのポート番号を入力してください。
      4. 仮想マシンポート
        仮想マシンがロードバランサから振り分けられた通信を受け取るためのポート番号を入力してください。
      Note
      ポートフォワーディング設定のリストには、初期値として Apache HTTP Server の設定があらかじめ追加されています。
      Note
      ロードバランサポートの値が重複するような設定はできません。同様に、仮想マシンポートの値が重複するような設定はできません。



    4. 入力が完了したら 次へ をクリックしてください。
  • ウィザードは ヘルスチェック構築 ページに進みます。ここではロードバランサが仮想マシンに対して定期的に行うヘルスチェックの設定を行います。



    各項目の値を選択/入力してください。
    注 意
    プロトコル の選択肢によって、設定項目が少し異なります。
    1. プロトコル
      ヘルスチェックのプロトコルを選択してください。

    2. ポート
      ヘルスチェックのポート番号を入力してください。

    3. パス
      ヘルスチェックのプロトコルが HTTP の場合、アクセス先のパスを入力してください。プロトコルが TCP または UDP の場合は入力できません。

    4. タイムアウト
      ヘルスチェックの応答を待つ時間を入力してください。ヘルスチェックの応答がこの時間を超えると、仮想マシンへの接続に失敗したと判断されます。

    5. チェック実行間隔
      ヘルスチェックを実行する間隔を入力してください。ヘルスチェックの応答が返ってきた後(またはタイムアウト後)、この時間を経過してから次回のヘルスチェックが実行されます。

    6. 連続失敗数
      仮想マシンが接続不能と判断されるまでのヘルスチェック連続失敗回数を選択してください。ヘルスチェックの連続失敗回数がこの回数を超えると、その仮想マシンは接続不能と判断されます。

    7. 連続成功数
      仮想マシンが接続可能と判断されるまでのヘルスチェック連続成功回数を選択してください。(接続不能と判断された仮想マシンに対して)ヘルスチェックの連続成功回数がこの回数を超えると、その仮想マシンは接続可能と判断されます。

  • 入力が完了したら 次へ をクリックしてください。

  • ウィザードは 仮想マシン追加 ページに進みます。通信の振り分け先となる仮想マシンを選択してください。


    Note
    仮想マシンを1つも追加しなくても、ロードバランサの作成は可能です。
  • ウィザードは プレビュー ページに進みます。内容を確認し、作成 をクリックしてください。


    Note
    変更する をクリックすると、各項目を設定し直すことができます。
  • ウィザードは完了ページに進みます。内容を確認し、閉じる をクリックしてください。


© Rakuten Communications Corp.