ブロックストレージをWindows Serverの仮想マシンのドライブに割り当てる

ブロックストレージをWindows Serverの仮想マシンのドライブに割り当てる

Note
ブロックストレージをWindows Serverの仮想マシンにアタッチしても、ドライブ割り当てはされていません。ここではブロックストレージをWindows Serverの仮想マシンのドライブに割り当てる例を紹介します。
  • Windows Serverの仮想マシンにリモートデスクトップで接続してください。
    接続手順については、2-25. Windows Serverの仮想マシンにリモートデスクトップで接続する を参照してください。

  • 管理ツール の サーバーマネージャ を起動し、記憶域 の ディスクの管理 をクリックしてください。アタッチしたブロックストレージが、初期化されていない未割り当てのディスクとして表示されているはずです。



  • ディスクの初期化 のダイアログが表示されていれば、OK をクリックしてディスクを初期化してください。ディスクの初期化 のダイアログが表示されていない場合には、「初期化されていません」の上で右クリックするとポップアップメニューが表示されますので、ディスクの初期化 をクリックしてください。



  • ディスクの上で右クリックするとポップアップメニューが表示されますので、新しいシンプルボリューム(I)... をクリックしてください。



  • 新しいシンプルボリュームウィザード が表示されますので、ウィザードに従って、ボリュームの作成とドライブ文字の割り当てを行ってください。



  • ボリュームが作成され、ドライブに割り当てられていることを確認してください。



© Rakuten Communications Corp.