ブロックストレージとは

ユーザが占有できる仮想のディスクです。
  • 仮想マシンの外部ディスクとして利用できるほか、仮想マシンのルートボリューム、スナップショット機能によるバックアップディスクとしても利用されます。

  • 仮想マシンの外部ディスクとして利用するには、仮想マシンにアタッチし、仮想マシン上でマウント(Windows Serverの仮想マシンの場合はドライブ割り当て)をする必要があります。

  • 1GiB単位で最大2043GiBまでのブロックストレージを作成することができます。

  • (標準では)1アカウントあたり4TiB、2016/2/25以降に契約されたお客様は10TiBまで利用することができます。また、1つの仮想マシンに対して(ルートボリュームを除いて)5つまでブロックストレージをアタッチすることができます。

© Rakuten Communications Corp.